"> 下取り店と買取店とはどう違うのか

車の下取り店と買取店のちがいは?

今回は、下取り店と買取店についての説明をしていきます。

下取り店と買取店では違いがありますのでどのような点が違うのかを確認しておきましょう。

普通に考えてしまうと何となく似ている点もありそうな感じがします。

自分の所有している車を売却するというような点では同じかも知れませんが、別に考えてください。

それでは両者の違いについて確認をしておきましょう。

まずは車買取店についてです。

車買取店というのは中古車の査定、買取を専門に行う業者であり、業者オークションが普及して以降、買取車をオークションに出品して売り捌くという新しいビジネススタイルで急速に増加してきた業態です。

率直に言ってしまうと買取店は、自分が現在保有している車の売却をして現金を得ることが可能になります。

買取価格は店側としてはいったいどのようにして決定しているのでしょうか。

こちらは、業者の間で行われているオークションを元にして決定されているのです。

また保有している車を売ろうと考えているお店がもし大型の場合には、他の店舗よりも高い見積もり査定額を提示してくれる場合も考えられます。

車買取店の査定額が下取りの査定額よりも高くなるというのは、ひとえに上で述べたような業態の違いから来るといっていいでしょう。

ディーラー下取りの査定は固定的な査定基準表に基づいて行われますが、車買取店の査定は日々動いている業者オークションの落札相場を見て行われるのです。

固定的な基準表による査定よりも中古車市場の実勢相場を基にした査定が有利になるのは当然のことだと言っていいでしょう。

次に下取り店について確認をしておきましょう。

下取りの場合には、現在自分が保有しているような車をそのお店で次の車の購入をする際の資金に充当することが可能になります。

また価格以外にでも両者の違いはありますので確認をしておきましょう。

価格以外にも下取りの場合には、同じお店にて車を売却するための手続と次の車を購入するための手続を一貫で行えることが特徴とも言えるでしょう。

もし買取専門の場合には、別々に手続きをしなければいけないような状況になってしまいます。

■まとめ

新車ディーラーなどが新車購入の代金の一部に充てるために中古車を引き取るのが下取りで、車買取専門店などで中古車を査定のうえ買い取ってもらうのが買取です。

価格面で見れば、下取りは概して査定額が低くなりがちで、少しでも高額で売却したい場合は買取りの方が有利になるといわれています。


このページの先頭へ


このサイトのメニュー

トップ査定士と査定の基準下取り店と買取店自動車の一括査定
車買取業者との交渉車売却の必要書類車査定のパーツの取扱い車検証の取扱い
車売却の際の委任状車の査定の時の住民票自動車納税証明書ローンの車の所有権解除
車の譲渡証明書自賠責保険証明書事故車の査定
リンク集1リンク集2リンク集3

このページの先頭へ