"> 車を売却するときの必要書類

必要書類の再交付は時間のかかるものもある

車をディーラーの下取りに出す場合はディーラー任せにすることができますが、自分で車買取店などに売却する場合は必要書類等を自分でそろえなければなりません。

自分が保有している車の売却を考えていて査定に出すところまで考えているのであれば、売却をする時の手続書類についてもしっかりと確認をしておきましょう。

手続きを行う上で必要書類に対して不備があった場合には自分が予定していて売却スケジュール通りにいかなくなる可能性も多いにありますので気を付けるようにしてください。

自分が保有している車の売却を思い立ったら、まずはどのような必要な書類を揃えなければいけないのかを確認してみましょう。

必要書類を列挙すると次のようになります。

・自動車検査証(いわゆる車検証のこと)
・印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・実印
・リサイクル券(預託済みの場合
・振り込みのための口座(メモ)

なお、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、次の書類が追加で必要になります。

・住所変更が一度の場合⇒住民票
・住所変更を複数回の場合⇒戸籍の附票または住民票の除票
・結婚などで姓を変更した場合⇒戸籍謄本

このほかに、査定を有利にするためにそろえておきたいものもあります。

まずは車の保証書です。メーカの保証が残っている場合はメーカの保証書は必ず用意するようにしましょう。

保証が残っているにもかかわらず保証書がないということになれば、大きなマイナス査定になってします。

また車の取扱説明書も確認しておきましょう。

通常は車検証と一緒に車に備え付けらていると思いますが、この取扱説明書がないとその車のイメージダウンにつながります。

大幅な減額査定になることは無いかもしれませんが、査定マンの心証にとてマイナスに働くことは避けられないでしょう。

そしてできれば整備手帳も事前に確認して準備しておいた方がいいでしょう。

法定点検などをきちんと行っている車であればなおさらです。

車を大事にしてきたことのアピールになります。

また、自分が保有している車にカーナビが付いているのであれば、そのまま査定をだすことによってカーナビ分がプラスアルファになる可能性がありますが、その場合、カーナビの取扱説明書も保管をしているのであれば、その取扱説明書もきちんと準備してから査定を受けた方がいいでしょう。


このページの先頭へ