"> 車査定のときの純正品と社外品のパーツの取扱い

パーツはできるだけノーマルな状態にするのが得策

車を売却する場合の付属品について、査定の観点から整理してみましょう。

まずは純正の付属品の場合ですが、これはメーカーオプションでもディーラーオプションでも、そのままにして査定を受けた方がいいでしょう。

何しろ純正品なのですから極端な好みが分かれるような極端なパーツはないと思われます。

特に新車のときにしか付けることのできないメーカーオプション品は、査定上プラス要因になる可能性がありますので査定時にアピールするのもいいでしょう。

次にいわゆる社外品をつけている場合はどうすればいいのかを見てみましょう。

社外品といえば、カーナビであったり、アルミホイールであったり、またはエアロパーツであったりといったところが多いと思います。

社外品で注意しなければならないのは、ディーラーではほとんど評価されないが、買取業者ではそれなりの評価が行われるということです。

仮に社外品が有名なメーカーのブランド品であったとしてもディーラーの場合にはさほど評価をされないと考えたほうが良いでしょう。

どうしても下取りになってしまう場合、そのような社外品は外してパーツ専門店に売却するか、次の車に装着して使った方が得策だと思います。

また社外品を取り付けてその社外品で車検が通らないような社外品であるならば買取業者でもマイナス要因となったりもします。

もし社外品の前の純正品が簡単に戻せるのであれば純正品に戻してから査定を受けた方が良い評価になるでしょう。

社外品を外して純正品にするかどうかの判断も自分ですることが難しいようであれば買取業者に連絡をして査定額にどう影響するのかを確認してみるのもいいでしょう。


このページの先頭へ