"> 車の査定のときの住民票の役割

印鑑登録証と車検証の住所が違う時は要注意

車の査定、売却の手続きを行う際に、人によっては住民票が必要になる場合が出てきますが、この住民票というのはどんな役割を果たしているのかを見てみましょう。

まずは住所が記載されている車検証明書を見てみてください。

その住所と比較してもらいたい書類がありますので、比較をまずしてみてください。

その比較する書類が印鑑登録証明書と呼ばれているものです。

もしも比較してみた結果、印鑑登録証と車検証の住所が違っていた場合には注意することがあります。

もしここで比較してみて同一だった場合には特段何も準備する必要性はでてきません。

しかし住所が違っていた場合には注意する必要がでてきます。

一体なんの書類が別途必要になってくるのか分かりますでしょうか。

その書類とは住民票なのです。

それではなんで住民票が必要になってくるのかを簡単に説明をしておきましょう。

まず比較してみた結果、住所が違うことによって本当は同一人物なのだけれども住所が違うことによって同一の人物とみなされないのです。

そこで書類上の住所は違うけれども住民票によって同一の人物であることの証明ができるのです。

住民票がその2つの書類を結びつけ、つなぎ合わせる役割を果たしているといってもいいでしょう。

ただ引越しの回数が多い人は特に注意するようにしましょう。

引越しを数回されている場合には住民票以外にも取り揃える必要がある書類が出てくる可能性が高いです。

例えていうならば戸籍に関する書類である戸籍謄本といった書類が必要になってきます。

どのような書類が必要になるかは売却する業者に確認をしてみるといいでしょう。


このページの先頭へ