"> 自動車納税証明書について

自動車納税証明書は紛失しやすいので要注意

車に関連する税として都道府県税の自動車税がありますが、車を売る場合はこの自動車税の納税証明書が必要になります。

この自動車納税証明書がなぜ必要になるのかを改めて解説してみましょう。

4月1日の時点で毎年運輸支局に登録されている自動車には自動車税と呼ばれる税金がが課税されます。

この自動車税をきちんと納税をしたという証明書が自動車納税証明書です。

自分の所有している車を売却する時には必ず必要になっていく書類でもあるのです。

車を売るときの必要書類の中でも紛失しやすいのがこの自動車納税証明書であり、送付されてきた時にはあとで見つけられるように大切に保管するようにしましょう。

時期としては都道府県によって多少の差はありますが、大体毎年5月ぐらいに送付されてきます。

大切に保管をしていたのに無くしてしまったといった場合でも慌てることはありません。

多少時間がかかることにはなりますが再交付の手続きを行うことによって交付してもらえるからです。

再交付の手続きをする場所としては、各都道府県の税事務所に足を運んで手続きをしてもらうことになります。

自動車納税証明書は見つかったが何年も前のものだったというケースも少なくないようですから、確認は余裕を持って早めに行った方がいいでしょう。

運輸支局内に都道府県の税事務所は必ずあります。

各運輸支局はインターネットの環境があるのであればホームページもありますので場所を調べてから再交付の手続をしましょう。

自動車の滞納がもしあるのであれば注意するようにしてください。

証明書の有効期限がもし切れているのであれば車検が仮に合格としても交付することができませんので注意するようにしましょう。

このように自動車納税証明書にはいくつかの注意することがありますのでしっかりとまずは納税するようにしてください。

もし納税をしていないようであればすぐにでも納税する手続きを取るようにしてください。


このページの先頭へ