"> ローンで購入した車の所有権解除書類

ローンを完済して所有権を移す

自動車ローンが残っている車を売却したいときに必要になる所有権解除書類について詳細を見てみましょう。

所有権解除書類というのはあまり聞き慣れない言葉かも知れません。

しかしローンで購入した車の売却をする際には必要な書類になりますので、自分の車を売却する前にどんな書類なのかを知っておいたほうがいいでしょう。

車の購入の際にクレジットであったり、ローンといった仕組みを利用されている場合には車検証の所有者欄の記載がデイーラーであったり、またはローン会社といった名前が記載されています。

車検証の所有者欄の名義が自分のものになっていないということは、ローンが完了するまでその車がローンの担保になっているということです。

このように車検証の所有者の記載欄にデイーラーや販売店といった名前が記載されているのであれば、その車は自分の車ではないわけですから自由に売買することができません。

このディーラーやローン会社の所有権が解除されて自分の所有になったことを証明するのが所有権解除書類だというわけです。

ローンの途中で車を売却する際には必ず所有権解除書類が必要になってきますので注意するようにしてください。

実際にはディーラーや車買取店が手続きを無料で代行してくれますので、自分でこの書類を入手しなければならないという場面にはならないと思いますが、ローンを組んでいる場合は必ず必要になる書類であることを覚えておいた方がいいでしょう。

またこの書類の必要性や入手方法について詳しく説明をしているサイトも存在しますのでまずはその説明を見て理解してみてください。

ローン途中の車を売却する際には必ず必要となる書類ですので、なるべく早い段階で売却先の車買取店などに確認した方がいいでしょう。

またこれらの書類は個人で売買をするのであれば当てはまらないので注意するようにしましょう。

またローンが既に完売しているので特に自分は関係ないといったら誤った考えです。

ローン完済をしていても所有している車を売却するのであれば必ず必要な書類となります。


このページの先頭へ