"> 車の譲渡証明書

車を新しい所有者へ譲渡した事を証明するための書類

もし自分が所有している車を譲ったり、または渡したりするような場合には名義変更はもちろんのことその他にも必要な書類があります。

その一つが譲渡証明書なのです。

あまり聞き慣れないような証明書かも知れませんが、必ず必要な書類になりますので覚えておくといいでしょう。

渡証明書というのは、車を現在の所有者から新しい所有者へ譲渡した事を証明するための書類です。

例えば中古車を購入する場合、所有者は中古販売店になっているので、顧客が購入したらその所有の権利を譲渡してもらわうことになりますが、その時に必要になるのが譲渡証明書にです。

愛車を売却する時も当然所有権の譲渡になりますので譲渡証明書が必要になります。

車の名義変更をする場合には必ず必要になる書類だと覚えておけばいいでしょう。

それではいったいどのような手段でこの譲渡証明書を手に入れればいいのでしょうか。

ほぼ買取をする業者が譲渡証明書を用意してくれるパターンがほとんどです。

業者が用意をしてくれますので特に自分で用意をしなくても大丈夫です。

売却を業者にする場合には業者側で譲渡証明書を用意してくれますが、個人間で売買をする場合にはどのように手に入れればいいのかという疑問もでてくると思います。

個人間で売買をするような場合には、運輸支局にまずは出向くことで譲渡証明書を手に入れることが可能になります。

また、インターネットがあればご自宅でサイトにアクセスして印刷することも可能です。

譲渡証明書の書き方ですが、特に特殊な書き方はありません。

形式通りに記入をしていけば特に問題はありません。

簡単にどのような記入をしなくてはいけないのか説明をしていきます。

譲渡する人が記載する欄が設けられています。

まずはここに旧所有者、要するに車を売る人の氏名であったり、住所を記入するようにします。

また押印するような箇所も設けられていますのできちんとした場所に押印しましょう。


このページの先頭へ