"> 自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は車検証と一緒に保管

このページでは車を査定して売却する場合に必ず必要になる自賠責保険証明書について説明をしたいと思います。

自賠責保険証明書というのは正しくは自動車損害賠償責任保険証明書と呼ばれているものです。

それではこの自賠責保険証明書とはどのような保険なのでしょうか。

まず自賠責保険とは何かということですが、この保険は強制保険とも言われ公道で自分の車を走行している場合には必ず加入することが法律で義務づけられています。

自賠責保険証明書は、この強制保険にきちんと加入していますよということの証明になる書類です。

自分の所有している車の車検の残期間があり、その車の売却をする場合には必須となる書類なのでよく覚えておくようにしましょう。

また自賠責保険証明書を無くしてしまった場合や盗難にあった場合には、すぐにでも加入をしている保険会社に連絡を取れるようにしましょう。

どこの保険会社の自賠責かも分らなくなった場合は、車の中にある前回の車検記録でまずどこの修理工場で車検をしたのかを確認して問い合わせてみることです。

民間車検工場であればば、適合証を発行する時に自賠責の証明書番号と保険会社名を控えていますのですぐに分ると思います。

いざとなった時にどこに連絡をすれば分からない状態では困ってしまいますので、事前に無くした場合をシミュレーションして連絡先を控えるようにするといいでしょう。

また自賠責保険の処理は自分の車を売却するのにどのようなステップを踏めばいいのか疑問に思う事でしょう。

自賠責保険の名義はもちろん個人になっています。

しかし自賠責保険は人間に保険を掛けられているようなイメージがあるかもしれませんが、実際は車両に掛かった保険ですので覚えておくといいでしょう。

もし車の売却を考えているなら自賠責保険は名義変更手続きを行いましょう。


このページの先頭へ