"> 事故を起こした車の査定

骨格部分まで損傷しているかどうかがポイント

事故を起こしてしまった車を売却する場合、事故に遭ったことがその査定にいったいどのように影響するものなのかを見ていきましょう。

もし事故を起こしてしまったけれども、ボディーの損傷など程度の軽い事故で綺麗に修理をしている状態であるならば、さほど査定額には影響しないと言っていいでしょう。

しかし事故の程度が重く車のフレーム部分にまで損傷が進んでいるような事故の場合は、たとえきちんと修理して合ってもいわゆる「修復歴車」という扱いとなって、査定額に大きな影響がでてきます。

業者の担当者は修復歴車を見抜くプロフェッショナルでもありますから、修復歴について黙っていてもほぼ確実に分ってしまうでしょう。

車買取店にとっては修復歴の見落としが一番のダメージになるということのようで、査定に立ち会ってみるとエンジンルーム周りのチェックは細かい点まで徹底的にやっています。

修復歴のある車というのは、どんなに綺麗に修理されていても、部品やボルト類の交換跡など必ず分ってしまうチェックポイントがあるのだといわれています。

フレーム部分まで修理が及んだことを見逃すことはまずほとんどないといっていいでしょう。

修復歴になるような事故について嘘をついて査定にだしたりすれば、査定士の心証を悪くするばかりで何もいいことはありません。

黙っていて印象を悪くするよりは、正直に申告した方がいいでしょう。

また買取専門の業者に事故歴のある車を査定して、思ったよりもいい査定額をだしてもらえなかったとしたら他の業者をあたってみましょう。

事故をしてしまった車の買取業者も存在しますので、そのような業者に一度査定してもらっても良いのかもしれません。

仮に一般の買取業者では1円もだしてくれないような状況だとしても、もしかしたら事故の車でも扱っているような買取業者に査定のお願いをすることで、自分が思っている以上にいい査定額を提示してもらえる可能性もあります。

ですので、事故歴の車だからといって諦めずにこのような事故車専門の買取業者をあたってみるといいでしょう。


このページの先頭へ