プラステンアップとセノビックの効果や特徴の違いをまとめてみた

プラステンアップとセノビックの効果や特徴の違いをまとめてみた

プラステンアップとセノビックの効果や特徴の違いをまとめてみた

 

こどものための成長応援飲料は色々と販売されていますが、中でもプラステンアップとセノビックは有名でしょう。成長を促すことを目的としている点では一緒ですが、この2つには一体どのような違いがあるのかをまとめてみます。

 

 

プラステンアップとセノビックの一番の違いとしては、まずそもそもの対象年齢が違うという点があげられます。中高生など子供とはいっても少し年齢の大きい子を対象としているのがプラステンアップです。

 

 

一方のセノビックは幼稚園や小学校低学年の子を対象とした商品のため、まずは年齢に合わせて選択することが大事でしょう。子供が成長するために必要な栄養素は年齢により若干違うため、両者とも対象年齢の子に必要な栄養素を配合しています。

 

 

たとえば一例をあげてみると、中高生が必要なカルシウム量と小学生が必要なカルシウム量は異なります。ですから中高生はセノビックでは充分な栄養素を吸収できないことから、やはり対象年齢に合った商品を選ぶべきでしょう。

 

 

またプラステンアップとセノビックの違いとしては、味つけの違いというのもあげられます。まずセノビックですが対象が幼稚園や小学生のため、ミルクココア味やイチゴミルク味など甘めのものになっています。

 

プラステンアップとセノビックの効果や特徴の違いをまとめてみた

 

好き嫌いの多い子供であっても抵抗なく毎日飲めるように味つけにも配慮されています。プラステンアップの場合には対象が中高生のため、甘すぎないレモン味です。

 

 

スッキリとした大人っぽい味つけのため、まさに中高生のことを考えた味つけと言えます。その他の違いとしては販売店に関する違いもあり、セノビックは市販されている商品ですからドラッグストアなどで購入可能です。

 

 

一方でプラステンアップは実店舗での販売はおこなっておらず、ネット上の通販限定の商品となっています。ですから購入のしやすさという点においては、セノビックの方が優れているのではないでしょうか。

 

 

価格としてはプラステンアップの方がセノビックよりも若干高めになります。とはいえ中高生の方が必要な栄養素が多く、プラステンアップには沢山の栄養素が配合されているため、値段が上がるのは仕方がないことでしょう。

 

 

セノビックとプラステンアップはどちらも成長サポート飲料ではありますが、対象年齢が違うためそれを踏まえる必要があります、

 

 

それぞれの対象年齢に合った栄養素を配合し、味つけも年齢に応じたものになっており、充分な効果を得るためには年齢に合ったものを選ぶようにしましょう。